商標とは?


商標法において「商標」とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの、と定義されています(商標法2条)。商標には、文字だけのもの、文字・図形・記号を組み合わせたもの、特徴的な形状などからなる立体的なもの、音響、ホログラム、色彩、位置、動き(動的商標)などがあります。

商品を購入したり、サービスを受けたする際、需要者が、

この商標が付された商品であれば安心だ、購入したい
この商標が付された役務(サービス)であれば利用したい

と思うように、商標は需要者にとって、お目当ての会社の商品等と他の会社の商品等と識別するための指標になるものです。 商標を適切に保護することにより、商標の有する機能が効果を奏し、事業者の業務上の信用を図り、あわせて需要者の利益を保護することができるのです。

商標の有する4つの機能


1.自他商品等識別機能

自他商品と他社商品を識別するための機能
例えば需要者は、缶ビールを購入する時に「キリンビール」の「ラガー」にしようか、「サッポロビール」の「エビス」にしようか、 缶に付された商標を目印に、どちらの商品にしようか判断して購入します。仮に、缶に何ら表示されていなければ、需要者は、どこのメーカーなのか識別するための判断がつきません。このように商標は、商品を識別するための機能を有しています。

2.出所表示機能

一定の商標が付された商品は、一定の出所から流出していることを表示する機能
またまた缶ビールの例を出しますと、缶ビールを購入する時に需要者は、「ラガー」のラベルを見ると「キリンビールの商品だな」と認識します。また一方、「エビス」のラベルを見ると「サッポロビールの商品だな」と認識します。このように需要者は、商品に付された商標を確認して、その商品の流出元はどこか?製造元はどこか?を認識して安心して商品を購入します。

3.品質等保証機能

一定の商標が付された商品は、一定の品質を保証する機能
例えば、缶ビールの話ばかりですみませんが・・・「アサヒビール」の「スーパードライ」はのど越しが良くて爽快。一方「キリンビール」の「一番搾り」はコクがあって美味しい。暑い夏の日には「ピザでも食べながら、のど越しのいいスーパードライが飲みたいな」とか冬のクリスマスシーズンには「暖房の効いた部屋の中で鍋でも囲みながら、コクの深い一番搾りが飲みたいな」などといったように、需要者は、缶ビールに付された商標から、その商品の品質を認識して缶ビールを購入しています。

4.宣伝広告機能

一定の商標が付された商品を見た需要者に、購買意欲を惹起させる機能
需要者は、ブランド価値の高い商標が付されている商品をみると、「それを購入したい!」と購買意欲を惹起させられます。例えば、単なるカバンであっても、ヴィトンのロゴが付されていれば、それが何十万しようと購買意欲を掻き立てられるでしょう。例えば私は、スタバのロゴをみるとつい立ち寄りたくなります。このように商標は、需要者に対し購買意欲を惹起させる機能を有しています。

平成27年から始まった『新しい商標』


平成27年4月1日から、新しい商標が登録出来るようになりました。新しい商標とは、音響、ホログラム、色彩、位置、動き(動的商標)ことです。これまでも、アメリカやヨーロッパなどでは、音響やホログラムなどの商標が登録を認められていました。日本でも、国際調和の観点から、保護対象が拡大されるのですね。

動きの商標とは、商標が時間の経過とともに変動していく場合に、その変動の過程を一括して保護するためのものです。位置の商標とは、図形などが常に商品の特定の位置に付されるもののことをいいます。例えば、アメリカでは、このような位置の商標が登録されています。
写真


  • Yahoo!ブックマークに登録