権利の消滅について


権利の消滅事由はいくつかあります。

先ず、存続期間の満了です。商標権の存続期間は設定登録の日から10年間で満了します。更新申請をしない場合には、10年間で消滅します。
また、商標権は放棄によっても消滅します。 その他にも、無効審決や不使用取消審判や不正使用取消審判の取消審決が確定した場合、取消決定が確定した場合、相続人不存在や登録料不納によっても消滅します。

無効審判により商標登録を無効にすべき旨の審決が確定したときは、商標権は、初めから存在しなかつたものとみなされます。 また不使用取消審判によって商標登録を取り消すべき旨の審決が確定したときは、商標権は、審判の請求の登録の日に消滅したものとみなされます。また不正使用取消審判によって商標登録を取り消すべき旨の審決が確定したときは、商標権は、その後消滅します。



戻る


                         

  • Yahoo!ブックマークに登録