分割移転と分離移転


【分割移転】
同一の商標に、指定商品・指定役務が二以上ある場合には、指定商品・指定役務ごとに分割して移転することができます。

【分離移転】
二以上の類似関係にある商標に係る商標権を有する場合は、その一部を分離して移転することができます。

共有の商標権の移転に関しては、他の共有者の同意が必要です。ただし、相続の場合は同意は不要です。

商標権の移転について





戻る


                         

  • Yahoo!ブックマークに登録