防護標章制度


防護標章制度は、商標権の禁止権の範囲を超えて出所の混同を生じるおそれがある場合に、禁止権を指定商品・役務と非類似の範囲にまで及ぼし、出所の混同を防止し、著名商標の保護の強化を目的として設けられた制度です。

防護標章登録をするためには、その登録商標が著名の程度に至っていることが必要です。また、他人が指定商品・役務と非類似の商品・役務に登録商標を使用することにより、他人の業務に係る商品・役務と自己の業務に係る商品・役務とが混同を生じるおそれがあることが必要です。

防護標章登録がされれば、第三者が指定商品について登録防護標章を使用することは商標権侵害となります。また、第三者が指定商品について登録防護標章と同一の商標を出願した場合、拒絶理由になります。



戻る


                         

  • Yahoo!ブックマークに登録