商標の駆け込み使用とは?


駆け込み使用とは、不使用取消審判の請求前3月からその審判の請求の登録の日までの間に、日本国内において商標権者、専用使用権者又は通常使用権者のいずれかが、その請求に係る指定商品又は指定役務についての登録商標の使用をした場合であつて、その登録商標の使用がその審判の請求がされることを知つた後であることを請求人が証明したときは、その使用は駆け込み使用として、使用には認められません。

しかし、その登録商標の使用をしたことについて正当な理由がある場合には、使用と認められる可能性があります。



戻る


                         

  • Yahoo!ブックマークに登録