標章と商標


標章とは、文字、図形、記号、もしくは立体的形状、もしくはこれらの結合、又はこれらと色彩との結合をいうと定義されています(2条1項)。

商標とは、標章のうち、業として「商品を生産し、証明し、譲渡する者」がその商品について使用するもの、また業として「役務を提供し、証明する者」がその役務について使用するものをいいます。

商標は、視覚に訴えるものです。

また、色彩のみの商標は登録が認められていません。色彩は、文字や図形、記号、立体的形状と結合して初めて構成要素となることができる付随的な構成要素であり、独立して構成要素となることができず、登録は認められていません。

戻る


                         

  • Yahoo!ブックマークに登録