立体的な商標


商標は文字だけのものもあれば、図形だけのもの、記号だけのもの、文字と図形が組み合わさったもの、文字と記号が組み合わさったものなど様々です。 また商標には立体的なものも含まれます。

立体的な商標とは、例えばケンタッキーフライドチキンの「カーネルサンダース」人形や不二家の「ペコちゃん」人形などの他にも、ドンペリのボトルなど様々です。立体的な商標として登録を受けるためには、平面的な商標と同じく、識別力を有し、その他の登録要件を満たしている必要があります。その商品の形状や商品の包装の形状を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標は登録を受けることができません。また、商品又は商品の包装の形状であつて、その商品又は商品の包装の機能を確保するために不可欠な立体的形状のみからなる商標は登録を受けることができません。

立体商標として登録を受けるためには、立体商標として商標登録を受けようとする旨の記載をして出願する必要があります。 ただし、立体商標である旨の記載があっても、願書中の商標登録を受けようとする商標を記載する欄への記載が立体商標としての商標の構成及び態様を特定し得るものと認められないときは、3条1項柱書の規定による商標登録を受けることができる商標に該当しないものとみなされます。ですので立体商標として商標登録を受けようとする際には、立体商標を把握しやすいように、願書に一又は異なる二以上の方向から表示した図面や写真を記載することも可能です。

また立体商標として商標登録を受けようとする旨の記載がない場合には、平面的な商標として取り扱われます。この場合、補正により「立体商標として商標登録を受けようとする旨の記載」を追加する補正をすると要旨変更補正となって、補正が却下される可能性があります。ただし出願と同時に、商標登録を受けようとする商標が立体商標である旨を記載した「商標の説明書」を提出していて、かつ、願書の商標記載欄に記載している商標が立体商標としての構成及び態様を特定し得ると認められる場合には、願書に「立体商標として商標登録を受けようとする旨の記載」を追加する補正が認められる場合があります。

願書の商標記載欄へ記載した商標が、立体商標としての構成及び態様を特定するものとは認められない例は、

@三次元の物の外観としての立体的形状が記載されていない場合
A立体的形状と平面標章が分離した構成及び態様をもって記載されている場合
B複数の図が記載されているが、各図の示す標章が合致しない場合

このような場合には立体商標としては認められません。近年では、地方のご当地キャラクターなどのPR合戦が盛んで、キャラクターを立体商標として登録するなど、立体商標制度の利用が盛んになっています。


                             (2013年4月9日)

戻る


                         

  • Yahoo!ブックマークに登録