商標登録の無効の審判(46条)


商標登録が次の各号のいずれかに該当するときは、その商標登録を無効にする審判を請求することができます。この場合において、商標登録に係る指定商品又は指定役務が二以上のものについては、指定商品又は指定役務ごとに請求することができます。

登録異議申立て理由


1号  
その商標登録が第3条、第4条第1項、第7条の2第1項、第8条第1項、第2項若しくは第5項、第51条第2項(第52条の2第2項において準用する場合を含む。)、第53条第2項又は第77条第3項において準用する特許法第25条 の規定に違反してされたとき。

2号  
その商標登録が条約に違反してされたとき。

3号  
その商標登録がその商標登録出願により生じた権利を承継しない者の商標登録出願に対してされたとき。

4号  
商標登録がされた後において、その商標権者が第77条第3項において準用する特許法第25条 の規定により商標権を享有することができない者になつたとき、又はその商標登録が条約に違反することとなつたとき。

5号  
商標登録がされた後において、その登録商標が第4条第1項第1号から第3号まで、第5号、第7号又は第16号に掲げる商標に該当するものとなつているとき。

6号  
地域団体商標の商標登録がされた後において、その商標権者が組合等に該当しなくなつたとき、又はその登録商標が商標権者若しくはその構成員の業務に係る商品若しくは役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されているもの若しくは第7条の2第1項各号に該当するものでなくなつているとき。

  • Yahoo!ブックマークに登録