存続期間の更新


商標権の存続期間は【設定登録の日から10年間】です。この10年間という期間は、更新の申請により、さらに10年間の存続が可能となります。商標権は、更新することにより半永久的に存続させることが可能な権利なのです。

続けて商標権を維持して頂くためには、定期的に更新手続きを行う必要があります。 特許庁からは何も通知されません。更新手続きを忘れてしまうと、割増登録料金を払わなければならなかったり、商標権が消滅してしまう場合も多くみられます。

弊所では、【期限管理+更新手続パック】を52,500円で行っております。

旧標準料金表によれば、期限管理+更新手続は15万円強の手数料がかかるところ、
弊社では52,500円で、

@ 更新期限管理
A 更新手続き手数料(特許庁への印紙代は除く)
B 本件登録商標権に関する無料相談

を行っております。

商標権の期限管理は、つい忘れがちになってしまいます。
大切な商標権が消滅してしまうことを避けるためにも、期限管理をお任せください。

是非、商標権の更新の際には、弊所にご依頼ください。

*分割納付(前半5年分)の場合は、商標権の効力は登録日から5年間です。

  • Yahoo!ブックマークに登録