不使用取消審判(50条)


不使用取消審判とは、商標権者等が継続して3年以上日本国内において登録商標の使用をしていない場合、その商標登録を取り消すことについての審判です。
商標権者等は、登録商標の使用をしていることを証明するか、または使用していないことについて正当な理由があることを明らかにしない限り、商標登録の取り消しを免れることはできません。

「使用」と認められる場合

@ 色違い類似商標は「使用」と認められます。
A 社会通念上同一の商標も「使用」と認められます。

社会通念上同一とは、書体のみに変更を加えた同一の文字からなる商標、外観において同視される図形からなる商標、平仮名・片仮名・ローマ字の文字の表示を相互に変更するものであつて同一の称呼及び観念を生じる商標などが挙げられます。

  • Yahoo!ブックマークに登録