公平な「くじ」


商標登録が「くじ」で決まることもあるんです。

同じ日に、2以上の出願人が、同じ(似たような)商標を出願した場合、出願人の協議によって定められた一の出願人のみが登録を受けることができます(8条2項)。

しかし、協議命令期間内に返答がなった場合や協議不成立の場合は、 特許庁長官が行う公平な方法による「くじ」により定めた、一の出願人のみが登録を受けることができるとされています(8条5項)。

特許の場合、同じ日に同じ発明について出願があった場合であって、協議不成立の時は、いずれの出願人も、その発明については特許を受けることができないとされています(特39条2項)。 特許の場合、後に第三者が同じ発明について出願した場合であっても、特許を受けることができません。

しかし商標の場合、後に第三者が同じ(似たような)商標を出願すれば、登録されてしまうこともあり、先に出願した者が不利益を被る結果となる可能性があるのです。

ですから商標法では、協議不成立の時でも、公平な方法による「くじ」で、一の出願人に登録を認めることにしているのです。


  • Yahoo!ブックマークに登録