3条1項1号の登録要件


その商品・役務の普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標は、登録を受けることができません。 ここで「普通名称」とは、取引界において、その名称が特定の業務を営む者から流出した商品であると認識されるに至っているものをいいます。

例えば商品「時計」の普通名称は「時計」、役務「美容」の普通名称は「美容」です。

ただし普通名称であっても、極めて特殊な態様で表示すれば、自他商品等識別力があるとして登録を受けることができます。


戻る

  • Yahoo!ブックマークに登録