3条1項各号の登録要件


登録には、商標が識別力を有していることが必要です。

以下の商標は登録できません。

@ 普通名称のみの商標(1号
A 慣用商標(2号
B 記述的標章のみの商標(3号
C ありふれた氏または名称のみの商標(4号
D きわめて簡単、かつ、ありふれた標章のみの商標(5号
E @〜D以外で需要者が認識できない商標(6号

3条2項の適用


上記のB〜Dに該当する場合であっても、全国的な周知性を獲得している場合には、
登録を受けることができます(商標法3条2項

商標法3条2項には、3条1項3号〜5号までに該当する商標であつても、使用をされた結果、需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができるものについては、同項の規定にかかわらず、商標登録を受けることができる旨が規定されています。

特別顕著性のない商標であっても、使用の結果、自他商品・役務識別機能を発揮している商標が経験的に認められるからです。 例えば、森永の「チョコボール」は、そもそも「チョコボール」については特別顕著性が認められませんが、長年の使用の結果、需要者から「チョコボールと言えば森永の商品である」と認識されるに至っています。このような商標については、3条2項の適用により登録が認められます。

その他にも、3条2項の適用を受けて登録されたものの例としては、「夕張メロン」(夕張市農業協同組合)【第2591068号】や「高崎ハム」(群馬畜産加工販売農業協同組合連合会)【第1882763号】や「三輪素麺」(奈良県三輪素麺工業協同組合)【第2219632号】や「追いがつお」(株式会社ミツカングループ本社)【第4697198号】などがあります。
  • Yahoo!ブックマークに登録